信濃川 新潟の釣り 阿賀野川 鳥屋野潟

【新潟ニゴイ釣り】新潟で隠れたルアーフィッシングターゲットニゴイを狙う。

隠れた好ルアーターゲット”ニゴイ”

”ニゴイ”と聞くと、なんだか外道のイメージが浮かぶ方も多いかもしれません。

バス釣りやシーバス狙いの外道としてよく釣れる魚であることは間違い無いですが、ニゴイも狙って見るとかなり面白い魚なのです。

確かにシーバスは魅力的な魚ですが、ニゴイも負けず劣らず魅力の詰まった魚です。

今回はそんなニゴイを新潟で釣る事について書いていきたいと思います。

新潟は水路が豊富で、その水路で釣りをしていると、非常に多くのニゴイを見ることができます。

ゲームフィッシュとして楽しめるニゴイ。ここからは掘り下げて書いていきます。

新潟のニゴイ釣りポイント

新潟のニゴイ釣りポイントについて書いていきたいと思います。

先ほども書いた通り、新潟は水路が豊富で、その水路にニゴイなどの魚が入り込んでいるのです。

このような川幅3mほどの用水路はもちろん。

こんな細い水路でもニゴイの姿を見たことがあります。

しっかりと役目を持っている農業用水路でしたら、かなり上の方までニゴイは入っています。

ナマズほどではありませんが、水路網を駆け回っているのです。

しかし、もちろん水路だけではなく本流などでもニゴイを釣ることは可能です。

このような流れの強い本流でもニゴイは沢山います。というか、本流の方がまとまっているような印象があります。

具体的な河川の名前を出すと。”信濃川”や”阿賀野川”では本流でもニゴイを数釣りすることができます。他にも新潟でニゴイを釣るのに適した河川はあるのかもしれませんが、僕自身が知っているのはこの二つの河川です。

新潟ニゴイ釣りルアー

ニゴイを釣るのにオススメしたいルアーを紹介していきます。

まずは本流のような大場所でニゴイを釣っていくのに適したルアー達です。

まずはこのようなフローティングミノーは定番です。

ただ巻きするだけで本流からでもしっかりと魚を連れてきてくれます。

ただ巻きで使えるといえばこのようなワームもオススメです。

ワームはミノーの反応が悪い時。食いが渋い時なんかに使うルアーです。

基本的にニゴイ釣りで出番が多いルアーではありませんが、どうしても食いが悪い時なんかは使っています。

次は水路で使用するルアー達を紹介していきたいと思います。

サイトでニゴイの姿を確認できない水路では、このような10g以上あるスプーンを使うこともあります。

濁りが入っている時なんかは特に効果的なルアーですが、超小場所ではアピール力が強すぎて逆ぬ警戒されることもあります。

そんな場合はサイズを落として3gほどのものにするのも効果的です。

このようなブレード系ルアーの小さいものは超小場所ではかなりの高実績です。

一口サイズで食べることが出来るため、警戒心を与えずに口を使わせることができます。

【番外的】餌でニゴイを釣る方法

ここからは番外的になりますが、ニゴイを餌で釣る方法について書いていきたいと思います。

この記事を読んでいる方の中には、「ルアーフィッシングは難しそう」と考えている方もいるかもしれませんので。

ニゴイを餌で釣ることはルアーで釣ることよりもかなり難易度は低いです。

こちらの記事で軽く書いている”ぶっ込み釣り”でニゴイは簡単に釣ることができます。

エサとしてオススメしたいのはやはり”ミミズ”です。

ミミズはニゴイを釣るのには最も適した餌の一つです。

ルアーフィッシングの経験がない方でも、仕掛けを投げることさえ出来れば簡単に魚を釣ることができます。

外部サイトになりますが、以前僕が書いた記事がこちらにもありますので興味のある方は是非とも。

冬もニゴイを釣って楽しもう

ニゴイは冬でも釣れてくれる貴重なルアーフィッシングのターゲットです。

もちろんハイシーズンは夏になりますが、一年中釣れるターゲットとして、個人的にはかなりありがたい存在だな。と考えています。

新潟のルアーフィッシングではシーバスが人気筆頭ですが、

ニゴイのような隠れたルアーフィッシングのターゲットが新潟にはいますよ!

川上 克利

幼少期から近所のドブを徘徊し魚の多様性に魅せられました。
フリーの野良ライターとして細々と活動している19歳です。
趣味的に当サイトMONOSを管理運営。
唇の厚さには定評のある獅子座のA型。
コンタクト、お問い合わせ、メッセージは各SNSのDMや当サイトお問い合わせフォームよりお願い致します!

あなたにはこんな記事がオススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA