ちょい投げ 新潟の釣り

【新川漁港のハゼ釣り】新潟を代表するハゼ釣りポイントで良型ハゼを狙う。

新川漁港のハゼ釣り

新潟市の西区にある新川漁港はハゼ釣りが有名なポイントです。

西区を広く流れる新川の河口の横に作られた漁港ですが時期になると多くのハゼが湾内に入っています。

昔から新潟のハゼ釣りでは有名なポイントで自分自身小さい頃によく父親に連れて行ってもらいました。

今も多くの家族連れで賑わう新川漁港ですが、今回はそんな新川漁港で初夏のハゼ釣りをしてきました。

新川漁港で釣れる魚たち

ここ新川漁港ではハゼ意外にも多くの魚を釣る事が出来ます。

まずはシーバスです。

新川の河口で狙っているアングラーが沢山います。

実際に釣っている方もいたので魚影は濃いと思いますが、シーバスを狙ってると高確率でエイ(アカエイ)が釣れるのです。

シーバスタックルで掛けてしまうととても大変なので自分はあの場所ではシーバスをやりません…..。

ちなみにエイもちゃんと狙うと楽しい魚です。

時期になるとサゴシなどの青物も釣る事が出来ます。

新潟では春になると毎年サゴシが釣れますが、ここ新川漁港でも毎年サゴシを狙う釣り人がいます。数もそこそこ釣れるようですのでやはり良い釣り場なのですね。

その他、新川漁港では時期になればアジやサバ、シロギスなんかも釣れます

アジやサバに関しては漁港の方でサビキ釣りで数を狙う事が出来ます。

新川漁港のサビキ釣りは結構人気があるようで、土日なんかは釣りを楽しむ方をよく見かけます。

足場もよく安全ですのでファミリーやカップルでのフィッシングには最適の釣り場なのでは無いでしょうか?

(立ち入り禁止の場所には絶対に入らないようにしましょう。地元の漁師さんの迷惑にならない場所で釣りをしましょう。)

新川漁港でのハゼ釣り仕掛けと餌

新川漁港でハゼ釣りをする際の道具ですが、バスタックルなんかがある方はバスタックルをそのまま流用しても良いでしょう。

基本的にあまり投げず、いわゆる「ちょい投げ」の釣りになるのであまり拘らなくても良いです。少し長い延べ竿でも釣る事が出来ますので本当に手軽です。

次に仕掛けですが市販のハゼ釣り仕掛けで問題ありません。

時期にもよりますが大型の釣れる時期だと針が小さいとすぐに飲まれて大変なので少し大きい方が良いかも知れません。

あとは上州屋とかに売ってるチョイ投げセットを買えば間違いありません。

餌はジャリメやイソメを使います。すぐ近くに新川釣具という釣具屋さんがあるのでそこで買う事が出来ます。

気前のいいおっちゃんが待っていてくれます。分からない事をを聞くとなんでも答えてくれるので気軽に聞いてみましょう。(水曜日は定休日なので注意しましょう。)

新川漁港のハゼ釣り実釣編

実際に6月の中旬に新川漁港ハゼ釣りに行ってきました。

日曜日ということもありファミリーで来ている方も多かったです。どうやらサビキ釣りでアジが釣れている様でした。釣れて喜んでいる男の子を見るとなんだか嬉しくなります。

さて、

今回使う餌はジャリメです。

新川釣具さんで買ってきました。

使用する竿ですがあいにくリールを持っていなかったので今回は延べ竿で狙ってみることにします。

軽く投げてしばらくすると竿先がクンクン!と分かりやすく当たりました。

新潟産のマハゼです。

しかもデカイ。20センチ近くあります。

掛けた瞬間から「なんかデカくないか?」とは思いましたがまさかここまで大きいとは。

普段阿賀野川や信濃川で釣っているハゼは大体10センチ程。それに比べると新川漁港で釣れたこのハゼはとても大きく感じます。

この後もポンポンと釣れました。

意外なことにアタリが頻発したのは手前から3メートルほどしか投げない場所でした。

投げすぎるとロープに引っかかってしまう為投げ過ぎなかったと言うのもありますが、それを考えても明らかに岸際に寄ってきている様でした。「延べ竿で魚がいる場所まで届くかな〜…。」と最初は心配していたのですが実際に釣りをしてみて延べ竿でも十分だと言う事がわかりました。

30分くらい釣りを続けて満足したので納竿としました。

この他にも結構釣れました。(釣りが終わった後に撮影したので写真が暗いです、申し訳ありません….。)

なんだか思いの外良型揃いでした。この時期の新川漁港で釣れるハゼにここまでの大きさは期待していなかったので結構びっくりです。

新川漁港のハゼ釣りのポテンシャル感じました….。

このほかにもクロダイの小さいやつやボラ、20センチくらいのシーバスなんかも釣れました。

どうやら少し投げるとシーバスやクロダイなんかの魚も釣れるようでした。リール付きの竿があれば持っっとたくさんの魚種を狙う事ができるようです。

しかし新川漁港の湾内には漁師さんの船を停留するためのロープがあり、漁港の最奥部にいくにつれ多くなっているようです。自分が釣りをした場所から遠くに投げすぎるとそのようなロープに引っかかってしまうので注意が必要でした。漁師さんの迷惑にならないよう、ロープに仕掛けを引っ掛けるのはできる限り避けたいものです。

新潟ハゼ釣りまとめ

いかがでしたか?

釣ったハゼは食べてもとても美味しいです。写真撮る前に全て食べてしまったので残ったのは尻尾だけでした。(尻尾もこの後なくなる)

天ぷらにして食べたのですが絶品でした。

やはり海の釣りはいいですね、釣った魚が食べれるというのはとても大きいです。

新潟の海で気軽に遊べるハゼ釣り。ファミリーでも安全に楽しむことのできる新川漁港はお子様連れやカップルでの釣りにもぴったりなのでは無いでしょうか?

「釣って楽しい。食べて美味しい釣り」に是非ともチャレンジしてみてください。

新川漁港では夏にかけてサビキ釣りでのアジ釣りが楽しめるようになりますので、釣りに行く際は是非ともサビキ釣りの準備もして行ってみてください。

川上 克利

幼少期から近所のドブを徘徊し魚の多様性に魅せられました。
フリーの野良ライターとして細々と活動している19歳です。
趣味的に当サイトMONOSを管理運営。
唇の厚さには定評のある獅子座のA型。
コンタクト、お問い合わせ、メッセージは各SNSのDMや当サイトお問い合わせフォームよりお願い致します!

あなたにはこんな記事がオススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA