信濃川 新潟の釣り 阿賀野川 鳥屋野潟

「冬は淡水魚釣りが難しいのか?」真冬でも楽しめる淡水の釣りを紹介!

淡水の釣りが盛り上がる季節「夏」

夏といえばどの地域でも淡水の釣りが盛り上がる季節でしょう。

”バス”、”ライギョ”、”ナマズ”、渓流”、”シーバス”

僕の地元新潟でも夏はさまざまな淡水魚がハイシーズンとなり、体が一つでは足りないほど濃厚なシーズンになります。

今年は隙間時間を見つけて狙った程度でしたが、特に「ライギョ」は新潟の夏淡水面ではかなり盛り上がるターゲットになります。

完全に個人的に好きな釣りなのですが、新潟は知る人ぞ知る有名ライギョポイントがいくつもあるのです。

また、ナマズやシーバスなんかも盛り上がりを見せる魚種になり多くの釣り人が魚を求めて夜な夜な闊歩します。

パッと思いつく地元の釣りだけでも、夏はこんなにも多様な種類の魚が名を連ねます。

しかし、冬の淡水の釣りと言われてパッと思い浮かぶのはどんな魚でしょうか?

今回はなかなかパッとしない冬の淡水の釣りをテーマに、

冬でも楽しむ事ができる淡水の釣りを模索していきたいと思います!

冬でも淡水魚を釣る事ができるのか?

冬でも淡水の釣りを楽しむことは可能です。

しかし、魚の活性の高い夏場とは違って”釣り方を選ぶ”必要があります。

僕の地元新潟を例に挙げると、

夏場は魚が溜まっていた流れ込みも冬になると生命感が無くなり、釣りのポイントとして成立しなくなる場所が数多くあります。

もちろん全ての流れ込みがその様な状態になるわけではありませんが、特に農業用水路の絡んでいる流れ込みは生命感を感じるのが難しくなる事が多いです。(農業用水路は冬場全くと言っていいほど役目のないものですので水質が悪化しやすくなります。)

それに加えて魚が変温動物であることを考えるに、正直冬は淡水の釣りに向いている時期とは言えません。

温排水なんかがある地域でしたら話は別かもしれませんが、ほとんどの場合近くに温排水があるなんてことはないでしょう。

冬は釣り方を選べばしっかりと魚を釣る事が可能な時期ですが、魚の活性が落ちていることは確実なのです。

次ではそんな厳しい時期でも楽しむ事ができる淡水魚を紹介していきたいと思います。

冬に楽しむ事ができる淡水魚を紹介

ということでここからはサクサクと冬に釣る事ができる魚を紹介していきたいと思います。

基本的に地元新潟に情報が偏らない様にしていきますが、雪国新潟で冬でも釣れてくれる魚ですので恐らく日本全国どこでも冬に釣れてくれる魚たちになります。

フナ

最初に紹介するのは日本であればどこにでもいるであろうフナです。

フナは真冬でもしっかりと狙って釣る事ができる貴重な魚なのです。僕の地元の場合は深場で溜まっているフナをグルテンで釣る釣法がありますが、この釣りは気温の低い時期限定の釣りになるのです。

というのも、冬は水温の安定する深場にフナが溜まるので暖かい時期よりも居場所が絞りやすい事があるのです。

興味のある方は以前僕が書いた記事の外部リンクを貼っておきますのでこちらからご覧ください。

ウグイ

ウグイは冬の川ではお馴染みのターゲットです。

川の本流でミミズを投げ釣りすれば冬でもコンスタントに釣れてくれる魚です。

水温がこれでもかってくらい低い川でも高活性で餌を食べています。

実際に冬はこんな場所でウグイが釣れます。当然、水はかなり冷たいです。

天気が悪い日でも釣る事ができるので、冬に本当にする事がなくなったら川にミミズを投げるのも楽しいかもしれません。

モツゴやモロコなどの小魚

冬は小魚釣りもできる時期です。

天気のいい日の昼間は浅瀬に集まっている小魚を確認する事ができるかもしれません。また、冬でも魚が集まる流れ込みなんかでしたらこの様な小魚が冬でも狙って釣る事が可能です。

ウグイやモツゴの他にも”オイカワ”なんかも冬に釣る事ができるターゲットになります

オイカワといえば夏の魚のイメージもあるかもしれませんが、実際は冬でも狙って釣る事ができます。

モツゴやモロコと同じような場所で溜まっている事があるので尻ビレの長い魚がいたら狙ってみましょう。

モツゴ、モロコ、オイカワはミミズを使った浮き釣りで簡単に狙う事ができます。食いが渋い場合もあるので少し小さめの針を使用するのが良いでしょう。

管理釣り場(例外的ですが)

冬といえば管理釣り場です。

新潟の釣り人の多くは冬になると管理釣り場に篭ります。

管理釣り場は魚がいることも明確で、初心者でも狙い方さえ合わせれば簡単に釣る事ができるという特徴があります。僕自身はそこまで管理釣り場をやり込んでいるわけではないのですが、たまに行く管理釣り場は確かに楽しいです。

冬でもここまでゲーム性のある釣りができる管理釣り場は冬の釣りの王様なのではないでしょうか?

近場の水路で冬の淡水の釣りを楽しむ

ということで、実際に冬に近場の水路で釣りをしました。

(水路の写真は夏に撮影したもの)

とりあえず記事を書くにあたって再度冬の淡水の釣りを確認しようかなと思いまして。

やってきたのはどこにでもあるような水路

こんな感じの水路にやってきました。

一応本流から直接水を持ってきている水路なので、冬でも水質は安定しています。

住んでいる魚はコイやフナ、モツゴやウグイなどなど。どこにでも居るお馴染みの魚達です。

使用する道具と仕掛け

今回使用するのはこちらの延べ竿。

延べ竿には2号の道糸を取って、ウキとガンダマと針をつけただけのシンプルな仕掛けです。

針は袖針の2号。釣具屋さんでハリス付きのものを購入しました。

餌はコンビニで買ったカルパスの大きいやつ(なんていうのか忘れました)100円くらいで購入したものを、餌用に少し残しておきました。

こんなので釣れるの?という声が聞こえてきそうですが、普通に釣れますのでご安心を。

流れ込みを狙う

とりあえず流れ込みを打っていきます。

水質が安定している流れ込みであれば冬でも魚がついている事があるからです。

先ほどの仕掛けで底をとると、水深は約80センチほど。ここら辺はどこもそのくらいの水深のようです。

流れ込みを打っていくこと約3分。

モゾモゾというアタリがウキに出ました。

「この流れ込みには何かがいる」

釣れてくれたのは….。

丹念に周辺を探っていくと、今度ははっきりとしたアタリでウキが引き込まれました。

「キタっ…!」

延べ竿が綺麗に弧を描きます。

そしてそのまま抜きあげて、釣れてくれたのはこの魚。

お馴染みの淡水魚、フナです。

体に傷のある個体ですが、銀鱗が鈍く光っていてとても幻想的な魚です。

この写真の雪の感じでどれだけ寒いタイミングで釣りをしているかが分かるかと

しかし、こんな厳寒期でも淡水面で魚を釣る事ができるというのがお分かりいただけたかと思います。

冬でも場所と釣り方次第では淡水の釣りを楽しむ事ができる

冬でも釣り方とポイントを選べば淡水の魚を釣る事ができることが伝わったでしょうか?

もちろんハイシーズンの夏ほどの釣果を期待することはできないかもしれませんが、冬も釣りがしたい方の心を少しは満たしてくれるかもしれません。

個人的には冬もこんな感じの釣りで暇を潰すのですが、やはり夏が恋しくなってしまいます…。

長い長い新潟の冬も癒してくれる魚がいるだけでかなり嬉しいことなのです。もちろんこの時期は海の釣りに逃げたりもしますが、やはり淡水の釣りが好きなのは変わらないようです。

決して高活性ではない冬の淡水魚。狙い方を間違えずに程よく癒されてくださいね。

川上 克利

幼少期から近所のドブを徘徊し魚の多様性に魅せられました。
フリーの野良ライターとして細々と活動している19歳です。
趣味的に当サイトMONOSを管理運営。
唇の厚さには定評のある獅子座のA型。
コンタクト、お問い合わせ、メッセージは各SNSのDMや当サイトお問い合わせフォームよりお願い致します!

あなたにはこんな記事がオススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA